From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


Last Update: 2002/10/15


観光・旅行情報

 

路面電車の歴史:

ストックホルムの路面電車は、今年2002年で丁度125年を迎える。この路面電車の設置工事は、1877年5月3日に始まり、最初に開通した路面電車は、1877年10月12日に、現在の Slussen と Strandvägen の間である。また同じ年に路線は Djurgården まで延長された。

これがストックホルム市民の足となった、最初の路面電車ててである。記録によると、この路線間では1897年には一分おきに電車が運行されていたという。

1904年6月には、全線電気路面電車となった。この頃には、すでに7路線の運行がなされていたが、1967年に自動車の通行が左側通行から、現在の右側通行に変更されてから、ストックホルム市の路面電車は廃止された。

しかし、路面電車愛好会が発足し、この会員の熱望により、ストックホルム・コミューン議会は、観光開発にもなるとして、1991年には再び路面電車は現在のNorrmalmstorg から Skansen の Waldemarsudde まで開通され、現在は有志による運転が続けられている。彼ら全員は、この路面電車への愛着が強く、全て無料奉仕で勤務している。

ちなみに、左側通行の名残があるのは、全国を走る国鉄電車、ローカル線、ストックホルム地下鉄など、いまだに左側通行である。その理由は、左側通行から右側通行に運行変更するのには、信号機の新規設置、システムの変更など、莫大な費用を要すること、及び普通の自動車道とことなり、全て一定枠内の運行であり、他の車両や自動車などの通行に妨げとならないことから、現在もそのまま左側通行である。

( 2002年10月15日 記載 SL資料参照)

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。転載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)
 

               地下鉄・交通案内にもどる