From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板

 

痴呆症について

 
磁器(マグネット)X線(レントゲン)検査は、アルツハイマー型痴呆症やその他の痴呆症早期発見に効果がある。

スウェーデンのウメオ(Umea)大学とストックホルム大学の研究者は、磁器X線検査による早期発見が可能かどうかの研究をしています。

それは、早期発見であれば、症状の悪化の進行を薬品によって妨げることが可能であり、痴呆症障害を受けた人の通常能力の保持に効果があるためです。この検査によって、一部発見されたことは、挿話、エピソードの記憶障害は、今まで知られているよりも、それほど早期に障害を受けないことです。

注釈:痴呆症と記憶障害について:

挿話、エピソードなどの記憶とは、個人的な過去の生活経験、例えば昨日の朝食に何を食べたかなどの記憶のことです。その他に言語障害、これは普通の言葉、社会的言語など簡単な単語の記憶障害です。また手順、方法などの記憶障害で、例えば自転車の乗り方やコルフの仕方などの記憶の障害などがあります。(管理者注釈)(2002年1月10日 記載)

                            INDEXにもどる