From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板

 

痴呆症について (2004年)

 
洋酒は、痴呆症になるリスクが増加する??:

一般的に、今までワイン、日本酒などアルコールは心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症その他心臓病などに効果があるとされていた。しかし、フインランドの研究調査によると、ある人にはアルコールは痴呆症障害になるリスクが増加すると発表している。

1970年代フインランドの国民男女がアルコールの飲用調査したことがあり、それ以後1024人(当初の約70%)の追跡調査を23年間続けた結果である。調査対象となった人の中には、明らかにアルコール(Apolipoproteinet E4(ApoE4))飲用による痴呆症障害を受けたと思われる人がいる。さらにアルコールの飲用が多い人には、この影響が明確に現れていると言う。

研究者はアルコールの影響が、これほど明確に表われるとは予想していなかったと驚いている。今までアルコールについて、痴呆症へのリスクはそれほどないと信じられていたが、再検討を要し、さらに研究調査する必要があるという。


  (SVD 2004年7月31日 記載)
                   

    INDEXにもどる           前のページ     次のページ