ここに紹介する資料は、2003年日本でスウェーデンの高齢者福祉について講演した内容をまとめたものです。
この資料の一部または全部をコピーまたは印刷はフリーです。

若松区地域ケア研究会の講演資料

2003.10.23


 
写真説明: 講演会場の様子
 
    参加者と質疑応答

 


  1. スウェーデンで痴呆高齢者が在宅生活を送っている場合、その生活の組み立てに特別な工夫があるのか。

    スウェーデンに於いては、痴呆高齢者に対するケアプランは、各地区にあります、コミューンの福祉援助課の職員によって、すべての補助金、住宅改善、ケアプランなどが、判定員、コンタクマンおよび家族と共に計画を立てます。その判定基本となるものは、医者の診断書に基づいています。
    これらの業務は、すべて社会法に基づい実施されます。

    その構成は次のようになっています。
  1. 一ヶ月に5回以上の援助を受ける場合は、上限価格のSkr 1,544:−/月
  2. 一ヶ月に5回までの援助を受ける場合は、Skr 515:−/月
  3. 安心アラーム、一ヶ月の使用料は、Skr 122:−(ただし、ホームヘルプの経費を支払っているものは、この安心アラーム使用料は無料)
  4. ディケアセンターにて、介護を受ける場合は、Skr 51:−/日(ランチ、昼食とコヒー代金は別支払いとなる)
  5. 支払いは、その月の利用が終わった翌月に支払う
  6. 居宅介護支援員(ケアマネジャー)が、その人に合ったケアプラン(日常生活のスケジュール)を作成し、在宅のサービスの提供(ボランティア、ホームヘルパー、ディケア等)を行っています。

簡単な介護の一例:

高齢者の便秘や下痢について:
暴れたり
、いらついて怒りやすいなどの原因に便秘があります。
便秘で悩む人には、コヒーを飲ませると便がやわらかくなり、つうじやすくなります。
下痢で悩む人には、濃い紅茶に砂糖を入れないで、飲ませると硬くなります。あまり続けて飲ませないことに注意、便秘になります。

最後に精神障害による痴呆症の相手や介護をするのは、専門の知識を必要とします。必ず教育を受けている人と一緒に介護をしてください。例えば、痴呆症老人の暴力行為の中に、精神症状が原因である場合もあり、専門医に相談をすることが必要です。

11.  スウェーデンでは痴呆高齢者の財産管理はどのようにしているのか。

家族が居ない場合は、施設、あるいは一人で住んでいる高齢者には、かならずコンタクトマンがおり、コンタクトマンが財産から、銀行などの日常の経済管理をしています。当然すべてのお金などの移動は、すべて帳簿に記載して記録され、いつでもコミューンの法律家が来て監督管理しても提示できるように、買い物の領収書などもすべて保管してあり、問題がないようにしてあります。施設の入居者の場合は、本人に家族がいても、コンタクトマンが管理をすることが多いです。

12. スウェーデンの現場から見て今の日本の対応について伝えたい事を教えてほしい。

2004年1月3日 ストックホルムのホームページ用に作成、講演ではいろいろとお世話になりました皆さんに、ここでお礼をもうしあげます。

ストックホルムのホームページ管理人:ストック

ホームページ: http://www.swedish.to

または、URL http://members.at.infoseek.co.jp/stockholm_sweden/

ショートURL http://stockholm_sweden.at.infoseek.co.jp/