From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報(2005年)

 
スウェーデンの高齢者福祉の研究について:

高齢者福祉についての研究は、スウェーデン国内では病院や高齢者福祉研究所にて、認知症の研究をはじめ各種の研究がなされています。ここでは、それらの研究について、興味のある方にどこで研究が実施されているか、その情報を記載いたします。

尚、これらの研究については、このホームページの管理人に質問や連絡をされても、回答または返事をすることは、時間的にも余裕がなく出来ません。判る範囲でHPサイトのアドレスを記載しましたので、サイトを閲覧するなり、関係者に直接連絡をしてください。名前はスウェーデン語のまま記載いたします。
  • Kungsholmsprojekt.
    この研究は、ストックホルムある、クングスホルム地区の高齢者で、1987年当時75歳以上の高齢者を対象に、約2500人の追跡調査をしたもので、2000年にその調査を終了しました。ただし、研究所ではデーターによる各種の研究調査が続けられています。

  • SNAC-K ( the Swedish National study of Ageing and Care - Kungsholmen/Essingeöarna )
    この研究は2000年にスタートしたもので、対象者は60歳以上の高齢者です。現在(2005年3月)までに、約3500人の高齢者が、医師、看護師、心理学者などのインタビューを受けています。また他の分野の研究として、81歳以上の高齢者のみを対象とした研究も続けられています。 URL: www.aldrecentrum.se/snack 
  • H-70-studien i Göteborg.
    1970年代の初期にスタートしたもので、70歳以上で1000人を超える高齢者を対象としたものです。開始後1970,1980,1990,そして2000年の4回におよぶ、各年70歳の高齢者を対象として、各年代ごとに比較調査しているものです。

  • ULF-undersökningarna ( Undersökningar av levnadsförhållanden )
    統計局( SOS ) によって1970年以後、毎年実施されているものです。これは、高齢者自身が自分の健康状態や行動可能性について自己判断しているものを、計測しているものです。 URL: www.sos.se

  • SWEOLD.
    全国的な調査で、無差別方式で77歳以上の高齢者を選抜し、調査対象としているものです。その調査内容は、自己判断によるものと、各種の実験によるもので、1992年と2002年に実施されました。
  • IMS. ( Institutet för utveckling av metoder i social arbete )
    この研究所では、社会生活全般に渡る範囲について各種の研究をしているもので、2004年の初期より実施されています。 URL: www.sos.se/sos/omsos/enheter/ims.htm

  • SATSA OCTO Twin Gender Harmony.
    これはスウェーデン国内に在住する双子の高齢者を対象として研究されているものです。
    URL: www.meb.ki.se/twinreg/index_se.html   注意:index_se とアンダーラインです。

  • SAS: ( Studie om aktivering på sjukhem )
    これは、スカンジナビアのデンマーク、フインランド、ノールウェイ及びスウェーデンの共同研究で、4ヶ国の360のシュークヘムを無差別選抜し、作業療法、運動療法などについて、個々にプログラムを提供して研究をしています。例えば、椅子から立ち上がる訓練。食堂まで車椅子を利用しないで、バランスをとりながら歩くことや、職員の介助を受けて自分で歩いて食堂に行く訓練をし、その結果を研究しています。途中経過報告では、最初に参加した84名の高齢者では、これらの訓練は良好な結果を得、効果があることが判明し、この研究は2006年まで続けられることになっています。

    ( 各種の専門書参照 2005年3月29日 記載 )

        福祉情報INDEXに戻る     前のページ     次ぎのページ