From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報(2006年)

 
2006年度の身体障害者及び高齢者の手数料等について:

社会省が公表した、身体障害者及び高齢者の、2006年度手数料に関する上限価格などについて、ここに記載します。消費者協会の計算に元ずく、基本計算金額は、Skr 39 700:−です。
  1. 上限価格について:
    手数料とは、普通住宅及び特別な住宅で受けるホームヘルパーの料金、ディセンターの料金及びコミューンが規定する医療に関する経費を示し、その料金は最高額、基本料金I0.48%の12分の1を超えてはならないこと。その上限金額は月額 Skr 1 588:−です。

    賃貸住宅法に関与しない特別住宅の料金は、基本金額の0.50%の12分1とし、上限金額は月額 Skr 1 654:−です。

  2. 文化的な生活をするための最低金額について:
    独身者は、基本金額の129.4%の、12分の1とし、その月額金額は、Skr 4 281:−
    夫婦または、同棲者の場合は、基本金額の108.4%の12分の1とし、その月額金額は一人当たり Skr 3 586:−です。

    若年身体障害者の場合、家族構成や一部の住宅経費等を換算する事が出来、その金額は10%までとし、月額 Skr 428:−です。

ちなみに、高齢者の文化的な生活が出来る個人の最低月額金額は、消費者協会のの計算によりますと、例えば週に5日間の昼食を除いた食料品では、61歳の男性は Skr 1 220:−、女性は Skr 980:−。昼食を含めた場合は、男性は Skr 1 570:−、女性は Skr 1 260:−。衣服及び靴は、男女共に Skr 460:−。日常生活の自由時間等は、男女共に Skr 460:−。衛生経費、男性は Skr 240:−、女性は Skr 250:−。その他の必要経費としては、男性の場合 Skr 1 160:−、女性の場合 Skr 1 170:−です。ここに記載する「その他の必要経費」の中には、日常生活で必要とする、家具、TV、新聞、ラジオ、コンピューター、電話代、家庭保険などの経費は含まれてはいません。

計算の仕方は、次のページを参照してください。

     ( SOS. 2006年1月8日 記載 )

        福祉情報INDEXに戻る     前のページ     次ぎのページ