From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報(2006年)

 
アルツハイマー型認知症高齢者に貼り付ける薬開発:

イギリスのメディカル情報(LAURAN NEERGAARD AP Medical Writer)によると、今までアルツハイマー型認知症高齢者に、カプセルの薬を飲ませていましたが、いろいろと弊害があり、必ずしも適切な治療方法とは言われていませんでした。

このパッチ(張り付けるバンド)は、今までのアルツハイマー型認知症者に投薬していた、エクセロン(Excelon)を塗りつけてある薬で、このほど薬害やその他の弊害をすくなくするとして、飲み薬の代わりに、腕に貼り付けるパッチが開発され、試験の結果弊害もすくなくり、効果も飲み薬とはあまり変わらない事が判明しました。この結果報告はスペインの国際アルツハイマー型認知症会議にて、発表されたものです。

このパッチの研究は、スウェーデンのストックホルムに所在する総合病院カロンリスカ・インステイテュートにてなされたものです。カプセルは、血液に直接に影響を与えますが、パッチの場合は皮膚を通して関節的に影響をあたえることにより、一日中効果を持続し薬害等の弊害率も少なくなり、効果もカプセルとほとんど変わりないということです。これは、約1200人のアルイハイマー型高齢者を対象に、24週間の長期実験した結果です。

実験の結果、今までの飲み薬で見られる「気分が悪くなる」「吐き気を催す」などの弊害は、投薬した高齢者の多くが、何らかの症状を訴えていました。しかし、パッチでは、何らかの障害を訴えていた人の、その弊害率は三分の一に減りました。その障害を受けた高齢者にパッチ治療をしたところ、気分が悪かった人は、五分の一に減り、吐き気を催していた人は、15人に一人の割合で障害を受けている結果が出ました。これにより、投薬による弊害を受けていた高齢者は、このパッチ治療により、これらの弊害を受ける事が少なくなりました。

さらに、今まで家族は、本人が薬を飲んでいるのかを確認をする事が困難でしたが、パッチにより確認しやすくなった利点が挙げられます。

このアルツハイマー型高齢者用のパッチの一般使用は、スウェーデンでは2007年から開始の予定とされています。

下記に参考サイトのリンク先を記載しましたので、興味のある方はご覧ください。

ABC News Home > Health

By LAURAN NEERGAARD AP Medical Writer

WASHINGTON Jul 19, 2006 (AP)

By WASHINGTON Jul 19, 2006 (AP)? Alzheimer's patients may soon get the first skin patch to treat the creeping brain degeneration, a novel way to deliver an older drug so that it's easier to take and might even work a little better.

The patch, which infuses the drug Exelon through patients' skin, headlines a trio of innovative potential treatments unveiled Wednesday at an Alzheimer's meeting in Spain. Also under study are a prostate cancer drug that may help dementia, too, and an immune therapy to ward off the sticky gunk that is Alzheimer's brain-clogging hallmark.

The Exelon patch is furthest in the pipeline, with maker Novartis Pharmaceuticals Corp. poised to seek U.S. sales approval by year's end.

http://abcnews.go.com/Health/wireStory?id=2210895


( 2006年8月4日 記載 LAURAN NEERGAARD AP Medical Writer 参照 )

        福祉情報INDEXに戻る     前のページ     次ぎのページ