From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報(2006年)

  ホームページ訪問者からの質問に解答:その1.

ホームページ訪問者から、いろいろいな質問があります。その一部をまとめて解答を記載していきます。

質問:
スウェーデンでは、認知症高齢者が在宅生活を送るべきか、施設入所すべきかの判断は誰が行うのか。日本では家族の希望で決められることが多いが。

解答:
基本的には、医師の診断が一番効力を持っています。家族の施設入居への申し出がない場合は、在宅介護となりますが、申請がなされた場合は、判定員と家族および本人の三者で話し合うことになります。本人が希望する場合は、コンタクマンも参加することができます。
あくまで、入居を必要とする本人の意思が第一に尊重されますが、家族および判定員が施設にて介護を必要と判定したが、本人が拒む場合は、医師の診断書が優先されます。ただし、何時に入居できるのかは、その住居地のコミューンの施設に、席の空きがあるかないかで決まります。また本人の障害度および必要度において順番が確定されます。普通は、席の空く順番を待ちます。どうしても施設の入居が必要とされながら、そのコミューンに席がない場合は、他のコミューンに福祉課が問い合わせをして、空いているコミューンの施設に入居させることもできますが、この場合は、依頼したコミューンが、受け付けたコミューンにすべての経費を支払うことになります。
また、特別車両等による移動の費用も、依頼したコミューンが受け持ちます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

質問:
日本では軽度の認知症は在宅で家族が介護し、重度になり家族介護が困難になってから施設入所やグループホームを模索する傾向がある。スウェーデンでは軽度の認知症から重度の認知症に移行していく過程でどのように対処しているか。

解答:
障害度数の判定と診断は医師がします。そのために、医師の診断書が施設に入居するかどうかの、判定資料となります。当然その時には、先に説明したように、家族からの申請がなされていることが条件です。本人に家族がいない場合は、本人が申請します。本人に申請すべき判断能力がないと認定されている者(医師の診断を必要とするものではない)には、本人のコンタクトマンが代理申請をすることになります。

日本で言われているグループホームと、スウェーデンで言うグループホームとは、根本的に違います。日本のグループホームは、普通の高齢者ボケや脳血管性認知症およびアルツハイマー型認知症の高齢者を同時に入居させています。また、本来施設に入る必要のない軽度な認知症の高齢者も施設によって入居しています。

スウェーデンの場合、グループホームに入居している高齢者とは、アルツハイマー型認知症高齢者のみで、しかも中度から重度の認知症の高齢者です。
日本の場合、暴言を吐くからうるさいからとか、暴力をふるって、他人に迷惑をかけるからとか、徘徊して困るからなどの理由で、グループホームに入居させないグループホームがあると聞きます。

しかし、そのやり方は反対で、そうした問題があるからこそ、なおさらグループホームやシュークヘム(日本で言うナンシーホームに類似した施設)に入居が必要なのです。それを明確に指導しない日本の法律および関係役所の欠点と不備がよくみられます。

( 2006年7月11日 記載 )
  

        福祉情報INDEXに戻る     前のページ     次ぎのページ