From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報(2006年)

  ホームページ訪問者からの質問に解答:その5.

質問:
スウェーデンでは認知症高齢者の財産管理はどのようにしているのか。


解答:
コンタクトマン制度により、家族が居ないくても施設、あるいは一人で住んでいる高齢者には、コンタクトマンと呼ぶ、連絡や管理をする人物がいて、コミューンへの要望、苦情、書類の記載と申請手続きの代行、財産から銀行などの日常の経済管理などをしています。当然すべてのお金に関する支払いや受領などの移動は、すべて帳簿に記載して記録され、いつでもコミューンの会計士が来て監督し、管理の状態を確認できるように、買い物の領収書などもすべて保管してあり、問題がないようにしてあります。施設の入居者の場合は、本人に家族がいても、コンタクトマンが管理をすることが多いです。



質問:
スウェーデンの現場から見て今の日本の対応について伝えたい事を教えてほしい。


解答: その1:
特に介護職員の教育に力をいれること。

教科書で学ぶ介護と方法、そして現場の介護とは大きな差があり、その中間の、例えばアルツハイマー型
認知症の人の言動、叫び、暴力などを見て、何の障害を持っているから、どのように対応したらよいのかなどの、判断がある程度できるように、教育をもっと進めて欲しいことです。介護教育に投資することは、事故を防ぐのみでなく、入居者にも、職員にもよい効果があり、さらに職員は認知症高齢者を正しく理解することによって、自信をもつことにもなり、やる気を起こさせます。

認知症介護指導者の育成を積極的に実行することは、市内または区内で統一された介護指導をすることにより、施設による介護差をなくすことができます。指導者は職員に考えさせ、やる気を引き出し、まとめるのが仕事で、各施設での介護の悩みの解決をはかることも、介護者の負担を軽くすることにつながります。つまり職員の滞在率を増加することになります。

仕事のプロになって欲しいこと。

施設を離れたら、もう入居者のことは考えないこと。玄関を出たら自分のプライベートの時間です。

特にホームヘルパーは、自分の仕事の範囲を相手の家族に明確に、ケアマネジャーなどを通じて説明し、書類で明確にすること。それ以外は、たとえ介護時間が早く過ぎても余分なことはしないこと。それを続けると家族同様に、自分も疲れて仕事が続けられなくなることを、もっと認識すること。

数をこなすためにヘルパーをしているのでなく、必要とする介護時間は、余裕を持って計算すること。これは幹部の理解が必要です。

寝たきりや車椅子使用の高齢者は時々とても重いものです。

ベッドや車椅子からの移動、入浴などはリフトなどの機器を有効に使用できるように、職員教育と家族への理解をしてもらうように、インホメーションを福祉課幹部(ケアマネジャーetc)が積極的にすることがとても大切です。

また障害者には、基本的に障害に対する同情を持たないこと。気の毒だから、助けなくてはいけないなどで、介護の仕事をしないこと。 ホームヘルパーは、仕事の時間を効率的にスムーズにできるように、行動、作業計画など検討して徹底すること。時間外のことはしないこと。

職務に規定する以外のことはしないこと。介護の内容と割り当てられた仕事の時間を明細に書類にして、家族に提示できるようにして、家族とのトラブルを避けるようにすること。

これは、特にケアマネジャーおよび担当の福祉課幹部職員が、本来の職務を正しく理解していることが必要であり、介護を受ける家族にそれを十分にインホームしていないと、その負担はホームヘルパーにかかってくることを理解していること。ホームヘルパーの仕事を家政婦と混合している家族が居ることは、このインホメーションが正しく実行されていないを照明しています。

( 2006年7月18日 記載 )

        福祉情報INDEXに戻る     前のページ     次ぎのページ