From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板

 


いろいろな施設紹介

 
スンスバル・コミューンと高齢者福祉業務の紹介:

基礎資料:

 

スンスバル・コミューンには、現在約8266人の職員が勤務しています。そして11課(2003年9課)があり、 正議員(2003年12人)および補欠による、 43人の議員等によって構成されています。

人口比率は下図の通りです。

人口、2008年12月 94.955人   女性: 47,910人 男性: 47,045人
2003年 約   94,000   女性: 46,800 男性: 46,400
高齢者、65 - 79歳 13,131人 人口比率  13.8% 女性:  6,955人 男性: 6176人
高齢者、80歳以上 4 ,972人 人口比率  5.2% 女性: 3,107人 男性: 1,865人

 

平均年齢: 41.4歳、住民の84%が集合地域に住んでいます。

人口密度は全国で14番目のコミューンです。

全面積: 3,208 km2

 

高齢者福祉に関する資料:

 

社会福祉法による、高齢者を対象とした、特別住宅と呼ばれている高齢者福祉施設があり、種類としては、サービスハウス、高齢者住宅などがあります。

サービスハウスとは、高齢者自身は、個人のアパートで集団のサービスハウスに住み、同じ建物内に一般家庭で受けるホームサービスと同一のサービスを受けられる事を意味します。高齢者住宅または施設に住む者は、サービスハウスに住む高齢者より、介護援助を多く必要とする者が住む住宅です。
 

スンスバル・コミューンには、現在下図で示す高齢者福祉施設があります。

7棟のサービスハウス内にある、アパートの建物の数:  334室  (2003年度 340室)
特別高齢者住宅:  1,219室 (2003年度 599室)
認知症グループホーム: 310室 (2003年度 115室)
高齢要介護者施設: 479室  
ショートスティ: 96 室  
シュークヘム: 599ベッド数  
特殊高齢者住宅: 257ベッド数  

 

2003年度には、サービスハウスと、グループホームの施設がありましたが、現在は上記の施設に統合されました。

 

これらの施設全体では、現在約1 932人の職員で、男性が5%、女性が95%勤務しています。
職員構成は:

看護士 137人
順看護士 1,258人
介護者 413人

 
スンスバル・コミューンの高齢者施設に興味ある方は、「いろいろな施設紹介」の「スンスバル・コミューン高齢者施設等を紹介をクリックしてください。

 

その他の高齢者に対するサービスについて:

スンスバル・コミューンで、ホームサービスのサービスを受けている家庭は、現在約1980家庭、2003年度では1600家庭でした。

普通の高齢者住宅には、約1300人の高齢者が住んでいます。

全地域で7箇所のディケアーセンターがあり、それには定年者用のレストランが設備されています。

コミューンの高齢者福祉に関わる職員は、約2100人(2003年度には、約1900人)です。

 

部屋は個人のアパートと同様に、全ての家具や日常品などを持ち込むことが出来ます。そして個人が家庭保険をかけることになります。施設側は、ベッドとジュウタンを設備します。これは、衛生面と介護職員の作業をよりやりやすくするためです。

個人の要介護に適切な介護プランがあり、これは、本人及び家族、そして施設の職員および看護婦と共に、時には専門医が参加して、よりよい老後の生活ができるように努力しています。


介護については、常に看護婦または職員により記録され、問題発生時には早期解決に努力しています。

各個人には、コンタクトマンが付き、基本的にコンタクトマンが、定期的にシャワーが本人の希望通りにされているのか、部屋の掃除など監督の責任を持ち ます。また買い物や銀行など金銭面の取り扱いをなし、衛生用品などの買い物もコンタクトマンが行います。

これらは、どの施設でも、基本的には同じです。

 

また、新規に入居する場合は、施設の責任者、担当職員、看護婦および家族が一緒になって、入居者の介護計画についてや、個人情報などのミーティングを持ちます。これは、家族と施設間の相互の理解を深めるために、とても重要なことです。

 

各部門には、6−7名の職員が担当しています。これは、入居者が常に同じ職員の介護が受けられるようにと配慮しているものです。勤務は三交代制で、朝と日中には、常に2−3人の職員が勤務し、夕方は1−2人、そして夜間は2名の職員が、32のアパトーを受け持っています。介護は准看護婦と介護職員によって実施されています。担当医師により規定化された医薬品の投薬が出来ます。

 

職員の教育は、非常に重要なものと理解し、定期的に職員教育を実施しています。

音楽、作業、リハビリ療法士達の活動は、必要に応じて対応しています。

 

 

アパートに施設側が設備するものは:

 

ベッドとジュータン、

部屋と風呂場に2個の天井ランプ

入れ物入れのボックス

キッチンには、冷蔵庫、電気コンロ、洗い場台、及び食器棚ボックス

地下室にある程度の荷物が保管できる倉庫

 

施設が提供する物:

 

ゴミ袋、洗剤、

トイレトペーパーとテーブルペーパー

使い捨ての手袋と衛生洗剤

掃除用品と上記に示す2個のランプ

 

注意事項:

 

入居者の洗濯物は、全て施設の洗濯場にて行う事。絹の生地など、洗濯に注意を要するものは、家族が自宅に持ち帰り洗濯をすることが出来る。
衣類には、他人の品物と間違わないために、名前を記載すること。
入居者への訪問、面会には特別指定時間はない。
家族や友人が、入居者と同一部屋で宿泊したい時は、エキストラベッドは用意できる。
施設の玄関は、午後6時に鍵がかかるが、入り口にはポーターテレホンがあり連絡できる。
各部門の部屋は、中からは施錠されているが、日中は外部から開くことができる。

夕方と夜間はベルを鳴らすこと。

美容院の経費は個人負担
入居時に個人的な医師、歯医者、めがね店、美容院、身体者特別輸送契約などかある場合は、その旨届けなければならない。
入居者が死亡した場合、教会や葬儀やへの連絡は家族が行う事。
家族が居ない者は、コミューンの担当者が連絡を取る事。

ただし、普通担当職員が家族の希望により、衣類を着せる事は出来る。

入居及び出所の時の掃除は、入居者がしないこと。

 

 

施設がクォリティに関して保障する内容について:

 

スンスバル・コミューンは、入居者に対して健康、生活及び介護について、下記に記載するクオリティの保障をする。
 

社会福祉課及び事業所は,下記の目標を掲げています。

 個人を尊重した応対をする

 より良い介護

 安全保障

 共同参加

 全ての者に平等

 

高齢者施設に入居が必要と申請をした場合は、コミューンは入居者に遅滞なく、一ヶ月以内に結果報告をする。

 

高齢者施設に入居した場合、コミューンは下記の事項を保障する:

 

● 入居施設と入居について、口頭と書類によって情報を提供する事

● 常に個人のコンタクトマンが存在する事

● 施設に勤務する全ての職員は、親切で正確に個人を尊重して応対する事

● 介護と援助についての計画は、施設は入居者が希望する場合、家族またはコンタクマン等と共に計画をすること

● 入居者が希望する介護と援助を受けられる事

● 一日中、いつでも職員と連絡がとれるように職員がいる事

● 入居者及び家族は、不満などかあった場合、口頭または書類でもって苦情を申し立て出きる事

● 入居者が苦情申し立てが不可能な場合は、職員が援助する事

 

 

ホームヘルパー:

 

全ての国民は、高齢又は身体障害等に関わらず、自分の家庭に生活を続け、日常の生活で、何らかの介護や援助を必要とする者、社会福祉法 よる医療介護の保護を必要とする者は、健康医療保護法によって保障されている。

 

簡単にホームヘルパーの業務内容を説明することは困難であるが、例えば医療や治療を受けた後、注射、傷の手当てや包帯の交換、目薬の点滴、特殊医薬品の投薬、簡単な補助器の操作などの援助を受けることが出来る。

地域看護婦の援助を引き続き受けるためには、すでにホームヘルパーまたは、安心アラームなどを持ち、自分で地域診療所に行けないことが条件である。

 

スンスバル・コミューンには、約860人の職員が勤務し、 約1 980件、(2003年約1600件)の家庭を受け持っている。

これは、一月に約 96 500時間(2003年約95,000時間)のホームヘルパー勤務をしている。

 

准看護婦: 390

介護者:    350 

 

 

 ( 2009年9月10日 記載 SK )
 

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。

 掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)

 

 

           福祉情報INDEXに戻る           前のページ          次のページ