From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板


 


福 祉 情  報(2013年)

 

ストックホルム市のクングスホルム地区に、新しく高齢者施設・シュークヘムで開設:

 

今年(201年)9月18日水曜日、王室のシルビア女王を迎えて高齢者施設・シュークヘム(Drottningen Stockholms Sjukhem)が開設されました。シュークヘムとは日本の高齢者施設であるナンシーホームと同様です。
 

 

このストックホルム・シュークヘムの歴史は古く、1867年に最初に開設し有識者や国民から寄付金によって建設されました。全面積約 22,000m² の広い土地に 新規に2011年1から建築が開始され、3年後の今年9月に開設されたこの施設には、99 の部屋があり、その内9部屋は若年認知症入居者用となっています。建物は7-9階となっており、部屋には最新の介護設備も設置されています。

 

各部屋の面積は、33m² 建築基準に従い、寝室、シャワー付トイレ、洗濯機、簡易キッチンおよび部屋の入口には洋服などかけられるフロアーがあります。認知症高齢者専用の庭園と、冬にも利用できるウインターパークがあります。この庭園は以前からの庭園を改善したものですが、庭園は1800年代の雰囲気を催したものです。

 

施設の中には毎日開館されている図書館があり、月曜日から金曜日まではランチレストランとカフェテリアがあり、入居者のみでなく家族や外部の人たちも利用できます。食事も施設内のキッチンで料理されたものであり、パンやお菓子なども、エ コジカルを重視した自家製です。

 

敷地には1956年3月に建設された、同時に40人もの参拝者を受けにれることが出来る、小さな教会とカペルもあり、自由に訪問することが出来ます。

 

 

 ( 2013年9月22日 記載  STH 資料参照 )

このページ及びストックホルムのホームページの無断転載を禁止します。ただし、タクティールマッサージは自由に利用してください。掲載希望の方は管理者(fukushi-sweden@hotmail.co.jp)に連絡してください。)


        福祉情報INDEXに戻る       前のページ   次ぎのページ