From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報(2004年)

 
リンショピング・コミューンの75歳以上の高齢者は、最低10時間ホームサービスを受けられる。

全国のコミューンが経費節約で、高齢者福祉は悪化している状況の中、どこかに福祉の水準を維持しているコミューンが存在しても良いのではないかと調査してみたところ、スウェーデンの南部地区にある、リンショッピング・コミューンが、全国でもユニークな試みをし、長期的な見方をした経費節約につながる対策を実施していることを知った。

コミューンに住む全ての75歳以上の高齢者は、毎月最低10時間の個人ホームサービスが受けられる。この個人ホームサービスとは、例えば施設や自宅で独身生活、妻帯者または同居人との生活に関係なく、75歳以上の高齢者一人に対して、毎月10時間のサービスを提供するというものである。

サービスに含まれる内容は、掃除、買い物、洗濯、シャワーの時の援助、衣服の着替え、朝食及び夕食などを含み、さらに他のコミューンと異なるのは、サービスを受けるのに、福祉課のサービス提供に関する判定が必要ないことである。これは職員の事務経費と人件費の大幅な節約になっている。

リンショッピング・コミューンは、住民にこのサービスシステムを10年前から続けており、結果的には老人の自活能力を向上させ、健康状態の把握、補助器具などによる援助などを早期に実施することより、老齢化よる要介護度を低く保持していることから、高齢者福祉の総合経費は大幅に節約されているという、良好な結果を出している。

福祉経費は、上限制度があり、月に最高額の Skr 1572:−以上( 家賃と食事代は含まない )は、高齢者は支払う必要がない。ちなみに、コミューンの総人口は約 137 000人、その内外国移民者が約5600人、65歳以上の高齢者が約21 800人で、介護福祉に勤務する現場職員は、約 11 200人いる。

下記に参考までに、サービスに関するの各種の経費を記載。 2004年度単価 Skr:
サ ー ビ ス の 種 類 介 護 費 食 事 代
要介護住人  1 572:−/月  89:−/日
ディケァー介護  −  56:−/日
ショートケァー介護     19:−/月  89:−/日
夕方及び夜間介護  −  42:−/夕食、夜食
交代制介護  −   89:−/日
ランチ、サービスハウス内/弁当  −  44:−
ランチ、野菜、パン及び飲み物なし  −  39:−
宅配料金  16:−/家庭または毎回  
アラーム貸し出し料金  100:−/月  
アラーム取り付け料金、一回のみ  200:−  
テレホンサービス  50:−/月  


下記に、参考資料、リンショッピングの施設入居者数などを表記: 2003年度末.

入居施設の種類  人 数
高齢者用アパート   833
高齢者住宅、ベド数   347
痴呆症グループ・ホーム   339
シュークヘム、ベッド数   381
自宅要介護者  3450
SPPサービス授権利者  5576
SPPサービス一人当たり年間総予算  9100:−


     ( LKO 資料 2004年12月19日 記載 )

        福祉情報INDEXに戻る     前のページ     次ぎのページ