From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報

  高齢者施設に入居している85歳の女性、介護職員に暴力を受ける:

今年(2003年)1月の初旬に、ベルグス・コミューン(Bergs kommun)にある、高齢者施設に入居している、85歳の女性の顔に傷があり、顔の数箇所に青あざがあるのを職員がみつけた。調査の結果、介護職員の入居者に対する暴力と判明した。

担当責任者は、「あってはならないことだが、職員に質問したところ、女性が介護を要求したのに、すぐに職員が来なかったと文句を言い、暴力をふるってきたので、防御するために暴力を振るったと職員は説明しているが、傷や青あざの状態から、防御以上の暴力があったと判断、職員の勤務停止をした」と説明。

この介護職員は、同施設で長年勤務してきたベテランであり、過去にはなんらの問題も無く勤務、初めての事故であることから、詳しく実情調査をすることになった。

ベルグス・コミューンの高齢福祉課担当責任者も、職員と面会し事実を把握してから、職員の行政処分についての見当をすると言う。

民営化後高齢者施設では、経費節約から職員の員数が減り、一人当たりの担当する要介護の数が増加、疲労とストレスが続き、病気休暇をとる職員も増加、教育を受けた職員が退職することから、介護教育のない臨時職員の採用が多くなり、一概に職員のみに責任を問うことは出来ないと、施設責任者はシステムの改善を期待している。

参考:民営化後、職員と入居者に対する暴力事件等が、多く発生するようになってきた。関連記事を参考にされたい。
 「高齢者福祉施設内の暴力事例・高齢福祉社会はどこへ

  (DN.BP 参照 2003年1月12日 記載)

                           福祉情報INDEXに戻る