From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報

 
病気休暇の増加はいままでの最高数を示す:

スウェーデン国内の病気休暇は、2000年に比較して3%近くの増加を示、2001年には平均24.4日の病気休暇で、2000年には21.0日、いままでの最高数を示した。

女性の病気休暇は2001年には31.7日となり、2000年では27.0日であり、男性の場合2001年には17.6日、2000年に15.3日と女性よりも少ない。病気休暇手当ての支給は、2000年よりも19%の増加をなし、1999年よりも2000年には27%の増加となっている。全国で病気休暇手当ての支払いは、2001年には367億クローネとなった。

例えば2001年10月末には、全国で290 000人が病気休暇を取り、その内の63%が女性で、その内一年以上の長期病気休暇は72 000人であった。男性では一年以上の病気休暇取取得者数は、40 000人であった。

一年以上の病気休暇取得者は、2000年前10月末対比で24%の増加となっている。多くの原因は職場のストレスによるものではないかと言われている。(DN. F-kassa 統計参照 2002年1月28日 記載)

                    福祉情報INDEXに戻る