From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報

 
国立病院を退職し、派遣会社から元の病院に勤務する医者が多くなってきた。

県の病院に勤務している、多くの医者は病院内の人事関係、システムに希望をなくし、疲れてやる気がなくなったと退職し、民間の派遣会社に登録、元の職場や他の病院に派遣されて勤務する医者が多くなってきた。

その理由として、ある医者は、
  • 国立病院の経費節約主義のシステムに疲れた。
  • 国立病院にある雇用保障はなくなるが、派遣医者である利点が多い。
  • 給料が県雇用の医者時代より個人交渉することが出来、採用条件が良い。
  • 医者不足による超過勤務をする必要が無い。
  • 勤務時間の選択が可能。
  • ストレスが少ない。
  • 診断書、診断報告書など、事務仕事をする必要がなく、医者本来の診察と治療に集中できる。

などであり、国営病院では、政治家たちが経費節約を求める結果だと、政治家に抗議をしている。病院は、ここ数年間政治家たちの要望により、経費節約を余儀なくさせられて、本来診断報告書などは、医者の秘書が書類事務をしていたものを、秘書を含め一般職員を人員整理し、結果的に医者は診察や治療よりも、事務仕事に時間がとられるようになってきた。

その結果、一日に診察できる患者数は少なくなり、待ち時間は長くなり、時には簡単な診察でも1週間以上も待たなくてはならない時がある。多くの医者は、本来の医者としての仕事ができないのでは意味がないと、退職していく者が多くなってきた。

この問題は医者のみに限らず、看護婦、准看護婦、高齢者施設の介護職にある者など、全国的な傾向にある。

このシステムを民営会社では、Rent A-Doctorと呼んでいる。

(DN.SDV.IDetc 参照 2002年7月18日 記載)

                           福祉情報INDEXに戻る