From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報

 
生活補助金、基礎額改定:

スウェーデン政府は、先頃今年度(
2003年)と来年度の生活補助金基礎額を確定した。これは、消費者協会の要望より低額であるが、例えば政府は消費者協会が、現在の社会生活を営むに必要と計算した携帯電話などは、必要用品としては認定しないなどが理由とされている。

今回の生活補助金額は、二段階となっており、今年1月1日からと、来年1月1日とに分け、両年ともに、母子/父子など片親の家庭には3.65%、両親または同棲者家庭には、3.3%の増加率となっている。

消費者協会の推薦生活補助金には、食料、衣類、学校、遊び、自由時間、健康、衛生、その他消耗品およびTV、電話、日刊新聞を含めて、一ヶ月に必要とされる金額を計算したものである。この計算には、住居費、通勤費、家庭および家屋保険は含まれていない。

政府は、年金と教育費等を基礎とし、基礎経費を計算したものである。各コミューンは、この基礎額に基づいてケースバイケースで、生活補助金額を決定する。

下記に生活補助金額を記載()内は、消費者協会の推薦金額、
単位はスウェーデン・クローネ

  • 幼児 0歳 1404kr 1450kr
  • 1−2歳  1625kr 1640kr
  • 3歳    1305kr 1330kr
  • 4−6歳  1635kr 1660kr
  • 7−10歳   1815kr 1860kr
  • 1114 歳  2090kr 2130kr
  • 1518 歳  2360kr 2400kr
  • 独身の大人     2575kr 2630kr
  • 結婚、同棲の大人 4685kr 4800kr


    (SOS. DN.SDB 資料参照 2003年3月2日 記載)



                    
     福祉情報INDEXに戻る