From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報(2004年)

 
ストックホルム・コミューンは、県内のコミューンの中では、高齢者保護は最低:

先日興味ある報告があった。それによると、ストックホルムルコミューンは、県内で高齢者保護及び援助では、他のコミューンに比較して最低のサービスを提供しているというものである。

社会保障法で高齢者及び身体障害者が援助を必要とした場合、必要なサービスを一定期間内に提供しなくてはならない規定がある。

このほど社会省が調査したところ、ストックホルム県内の多くのコミユーンが行政裁判で指導をしているにもかかわらず、高齢者及び身体障害者にサービスの提供していないことが判明、もっともサービスが実施されていないコミューンは、ストックホルム・コミューンであった。

調査によると、県内で約700人の高齢者または障害者が申し込みリストでサービス提供を待っているという。サービスの提供が実施されていた優良なコミューンは、、ターヴイ・コミューンとニィクヴァーン・コミューンであった。

現在、県内の待機者の内、行政裁判でサービスの提供を認可されているのは679人であるが、誰もそのサービスを法律で規定する期間内に受けていないことが判明。

サービスが実施されていない内容を見ると、一番多いのは高齢者が適切な高齢者施設に入居できていないこと。次に誰もが持つことの出来るコンタクトマンが与えられていないこと。

法律(Sol,LSS)では、シュークヘムの入居を必要と認定された者は、一ヶ月以上待機する必要はなく提供されること、または高齢者施設またはグループホームへの入居には、三ヶ月以内に、コミューンは提供しなくてはならないと規定されている。

一部のコミューンは強制裁判の判定と指導を完全に無視しているところもあり、厳しく批判されている。10年前のスウェーデンの高齢者福祉では考えられないことであると言う。

  (ABC.SVT  2004年8月5日 記載)

        福祉情報INDEXに戻る     前のページ     次ぎのページ