From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

福祉情報

 
定期検査は、心筋梗塞や心臓病を早期発見となり、発生をすくなくする。

最近発表された、アメリカ心臓研究機関(American Heart Associatio)の機関紙によると、アメリカでは地域家庭診療所医者に、20歳頃から定期検査をすることを推薦している。

その内容を見ると、血圧検査、身体の総体積(BMI)、お腹の周囲のサイズ、及び脈拍を定期的に検査するようにと指導している。さらに、5年ごとに患者の血液内の糖分とコレストロール量の検査をすることも指導している。

この指導により、病気を早期発見し、国民の健康維持をはかることが出来ると期待している。特に高血圧と太り過ぎで、40歳以上の者は、特別の検査方法で心筋梗塞と心臓病発生危険率など、最低5年ごとに検査することを指導している。

さらに必要なことは、生活習慣を変える、喫煙をしない、適度な運動をする、健康な食事をするなど、病気にならないように、健康維持をするようにと国民に推薦している。

参考までに、病気を事前に予防する方法として、次のことを推薦している。
  • タバコを吸わないこと、そしてタバコの煙のあるところを避ける。
  • バランスのある適度の食事をする。
  • 適度の運動を定期的にする。少なくても一日30分ほどの軽い運動をする。
  • 体重の増加をしないようにする。
  • 身体の総体積(BMI)は、18.5kgから24.9kg/m²を保持することを推薦。
    BMIの計算方法は、体重と身長(メートル単位で2回計算)で計算する。
    例えば身長170cmで、体重が70kgの場合、
    BMIは70/(1,7x1,7)=24.2となる。
  • 血圧状態、血液内の糖分率、コレストロール率が医者の推薦している範囲内に保持するようにする。

(AHA、DN資料参照 2002年7月21日 記載)

                           福祉情報INDEXに戻る