From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 

 福祉情報              

 
スウェーデンでは、1990年代から現在までに帝王切開による出産は、約40%の増加:

社会福祉局の統計によると、1990年代の帝王切開による出産10.7%と比較すると、2000年では帝王切開による出産をする女性が14.7%と、約40%の増加をしめしている。

その原因として考えられるのは、多くの女性が普通出産への恐怖や不安から、帝王切開による出産を要求していること。また医学技術が発達して早期に体内の胎児の状態を把握できるようになったことも一因と見られている。

また一部の医者は、最近特に産婦人科医や看護婦のミスが公表されるようになり、それに対する不安感から増加しているのではないかと言う。

全国の病院の統計を見た場合、地域によって帝王切開による出産率は異なる。大学病院など都市にある大きな病院では、地方の病院よりも、帝王切開による出産が多い。

(DN,GP,SOS 参照  2002年2月16日 記載)

               

                      福祉情報INDEXに戻る