From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板
 

身体障害・知的障害者 (2005年)

 
政府の身体障害者援助を受けている者が増加:

社会省の報告によると、2003年度に社会福祉法で規定する、身体障害者に対する援助は、全国で48 000人が援助を受けて、これは1999年度と比較して21 000人、一部身体障害者の援助とサービスでは約17%増加(LSS)で、また、社会福祉法(SoL)では、約5%の増加となっています。

援助は、コミューンによって大きく幅があり、これは各コミューンがどのように身体障害者組織を設立しているかによります。身体障害者の独立した組織は、高齢者及び身体障害者組織の統合組織よりも多数の援助を受けています。全国のコミューンの高齢者及び身体障害者の統合組織で、約40%がコミューンの活動を直接受け、34%が独立組織で活動しています。

援助拒否された数字はLSS及びSoLともにすくなくなっていますが、反対に援助を必要とする障害者に対して申請拒否された者の数字は多くなっています。これはコミューンの社会福祉課の身体障害者組織に対する、企画、個人の必要性に対する共同活動などの理解がなされていない事を示します。クォリティ、リハビリ及びハビリテーリングについて理解がなく、よく把握されていないことが原因であると報告しています。

コミューンの援助金は大きく差があり、その差は定額コミューンと高額コミューンとでは約16倍の差があります。またスウェーデン国籍の者よりも外国国籍の者は、各種の社会的問題をかかえ、更に言葉が理解出来ない問題及び社会福祉システムの理解が無いことから、多くの援助を必要と予測されています。

    (SOS 参照 2005年3月20日 記載)

    INDEXにもどる           前のページ       次のページ