From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板

 


身体障害・知的障害者

 
2001年の身体障害者に対する援助活動報告:

社会福祉法によって保護されている「ISS法(身体障害者に対する援助とサービス法)」がある。この法律に基づいて、各コミューンは各種の援助及びサービスを身体障害者に提供しているものであるが、ここでは、2001年におけるその結果報告を記載する。これらの資料は全て、社会福祉局の提供によるもので、表記されている数字はおおよそであり、必ずしも実数と一致するものではない。

  • 約47100人が、ISS法によって、何らかの援助やサービスを一回または数回受けた。これは総人口の0.5%に当たる。前年2000年に比較して、1500人の約3%の増加である。
  • ISS法の援助サービスを受けた多くの者は、知的障害者であり、82 500人で、全体の85%を示す。
  • なんらかの精神障害より援助またはサービスを受けた者は、約2700人で、前年(2000)の5%増である。、特別住宅で成人障害者又はコンタクトマンに対する援助およびサービスである。
  • 日常援助活動が普通で、約21 100人に対するものである。その内約17 500人が特別サービスで、自宅にて提供を受けたものであり、14 000人がコンタクトマンに対する活動である。これらの内約1万人が短期サービスである。また約8 000人が買い物や病院訪問などの付き添いサービスである。
  • 全体の三分の一28%が、子供または22歳以下の若者であり、約66%が23歳から64歳までの成人である。約6%が65歳以上の高齢者である。
  • 援助を受けた子供の内、約三分の一に当たる約1 100人が保護家庭または、子供のための特殊住宅に対するものである。
  • 2000年に比較して、ホームヘルプ・サービスを受けた者は、少なくなり65歳以下の者で、約14 100人が自宅にて受けている。これは前年より約400人減っている。
  • 普通のホームヘルプ・サービスは、一ヶ月平均1−9時間で、約41%14 100人が受けており、約27%が10-25時間のサービスを受けている。これは前年とほとんど変化がない。
  • ホームヘルプやコミューンの医療援助サービスは、1995年代に比較して増加している。2001年にホームヘルプの認可を受けた者は、約17 900人で、800人の増加を示している。
  • 特別住宅に居住する者は、1995年に比較すると、2001年には65歳以下、約6 400人であり、約900人の増加である。             
              

           (社会福祉局統計資料参照 2002年6月30日 記載)                     

                              INDEXにもどる