ソルナ・コミューンにある、高齢者福祉施設 グループホーム・ Polhemgården

玄関前に新しく作られた庭園は、カーデン・リハビリとして活用されている。
庭園にはニワトリが数羽放し飼いにされ、卵は入居者の食事の材料となる。
庭園内は、昔の道路のように、石畳が敷かれて、雨の日でも靴は汚れない。


               写真撮影 ストック
                
戻 る