From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行
 
ミニ情報 リンク集 掲示板
 


いろいろな施設紹介

 
痴呆症高齢者住宅、グループホームPolhemgården(ポールヘムゴールデン)の紹介:
ソルナ・コミューン:

  • 施設名:Polhemgården
    住所: Polhemsgatan 16, 171 58 Solna.

    施設の概要

    高齢者住宅として、1997年の秋に建設、5階建で1階は受付、事務所、ホール、テラピー及び休養室白い部屋、医療室等がある。2階からは、5階まで施設のアパートがあり、現在各階には21アパート(部屋)があり全部で84アパートがある。

    各階には、共同の食堂、休養室及びバルコニー、洗濯場(乾燥機付き)、倉庫があり、各部屋には、簡易キッチン及び身体障害者対応のシャワー・トイレ、電話、TV(本人の希望による)、物入れが設備されている。

    天井には、マイク付きのスピーカー、アラーム方式の電話の設備がある。個人には、障害程度により、手首に取り付ける時計式アラームも用意されている。ベッド以外は、本人の所有物であり、以前住んでいた家やアパートから自分の好みの家具などを持ち込むことができる。

    このグループホームには、入居者がリラックスしたり、職員がストレスなどによる疲労回復のために休養できる、白い部屋がある。
    (写真をご覧ください)

    入居者は、各種の痴呆症高齢者である。この施設はSolna市の痴呆症センターとしての活動をしており、一階のディケァーセンター( Lyktan リクタンと呼びカンテラを意味する)もあり、1日10人前後の利用がある。

    職員構成:

    施設長、施設長アシスタント、作業療法士2名、運動療法士、テラピスト、看護婦、准看護婦

    介護者、掃除作業員、管理人、事務職員等がいる。

    各階には、階の責任者が指定されており、各階にはそれぞれの受付がある。

    入居者の状況により、入居者数には移動がある。緊急及び重度の病気の場合は、病院に入院となるが、基本的には入居者が死亡するまで滞在できる。

    経営:民間企業 Carema
    Äldreomsorg AB が2002年10月1日から経営している。

    施設の写真を紹介、画面をクリックすると大きな画面になります。
  • 庭 園 庭 園 婦人の個室 共同休憩室 フトのある寝室
    庭園に住むニワトリ 床にある踏み台式
    アラーム・マット
    マニュキァを塗ってもらう婦人 リラックス・ルーム リラックス・ルーム


            (2004年12月9日 記載)

           INDEXにもどる    前のページ   次のページ