From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行


ミニ情報 リンク集 掲示板

 


高齢福祉社会はどこへ

  ついに、ここまで落ちたか、スウェーデンの高齢者福祉:

その4.サービスハウスの住居人、婦人の部屋の中は、小便の匂いがいっぱい:
     2.追記:民営会社アテンド・セニオール・ケアの過去のスキャンダル:

その4.で記載した、高齢者施設・サービスハウスを経営している民営会社アテンド・セニオール・ケアの過去にあったスキャンダルは、このサービスハウスのみではないことが、コミューンの福祉課職員の話で判明し、その資料を入手した。

民営会社アテンド・セニオール・ケアは、同じく民営で高齢者福祉施設を経営し、コミユーンから痴呆症高齢者等の介護をしていた、パーテルナ・ケア会社を2000年に買収したものである。その後全国のグループホームやサービスハウス等の経営で、各種の問題を抱えた会社であり、スキャンダルも多いことが判明した。

2002年には:
  • ストックホルムの中央、クングスホルメン地区にある、高齢者住宅トローセン
    (Trossen)では、二回に渡り、高齢者が施設の火災によって焼死した。
  • ヨーテボルグのマヨールナ(Majorna)にある、高齢者施設ロステン(Lotsen)では、家族の訴えによると部屋の掃除は悪く、職員不足で十分な介護なされていなく、ある時には、オムツも食料もなかった。

2001年には:

  • ストックホルム市内のサーバスベルグ・ヘム(Sabbatsbergshemmet)は、営業許可がないのに経営をし、重度の痴呆症老人が職員に忘れられて、翌朝まで肘掛け椅子に座らされたままだった。

2000年には:

  • ストックホルム市内のヤールデット・シュークヘム(Gärdets sjukhem)は、時々各階にある職員の配置が無く、高齢者の介護がされてなかったと、社会福祉課の調査で厳しく勧告を受けていた。
  • 南部地区にある、ファルケンベルグ(Falkenberg)のサービスハウスでは、必要とされる職員が、極端に不足したまま経営していた。

1997年から1998年には:

  • ヨーテボルグにある、デイクソンス・ハウス(Dicksons hus)では、経費と作業節約で濡れたままのオムツが再使用されていた。


これらの記載は全て、DNの記事を元に、コミューンの福祉課にて資料再確認したものである。


  (DN 参照。コミューン高齢者福祉課の資料参照 2003年1月28日 記載 )
                

              

                                INDEXにもどる