From Stockholm
HOME 福祉紹介 ニュース 観光・旅行

ミニ情報 リンク集 掲示板

 


高齢者福祉の民営化

  社会福祉大臣、Lars Engqvist の発言:

昨年(2002年)の11月6日に、社会福祉大臣 Lars Engqvistは、エーデル改革後の医療福祉について議会にて発言、その一部を要約して記載する。

エーデル改革そのものは、非常に良いタイミングでなされたものと理解している。しかしながら、国の機関、特に県と各コミューンとの総合活動が、かならずしも完全に実施されているとは言えない。

県とコミューン間の引継ぎに関する業務が、スムーズに実施されているとは言えず、多くの改善を必要とする部分がある。特に経費に関する責任問題解決がされていない。

政府は、ごく近い将来に、県とコミューンの相互の活動が遺憾なく実施されるように改善委員会を設置する事を提案する。

10年を過ぎた今、エーデル改革の成果を検討する時期にはいっていると思う。介護について、高齢者のために一番良いと思われる組織に、改善する必要があると認めている。さらに、現在、高齢者の人権保護と権利を検討した場合、当初に計画されたように実施されているのか、また現在の介護が最善であるかを検討する必要がある。


参考までに・・
この発言に関連するエーデル改革後の医療機関による治療等の資料については、統計を参照されたい。

 (国会議会資料参照 2003年1月6日 記載)
               


                          INDEXにもどる